ホーム » 脱毛 » 医療脱毛の打ち漏れについて

医療脱毛の打ち漏れについて

気になるところのムダ毛を綺麗になくそうと思って医療脱毛したのに、打ち漏れがあったとしたら、これはクリニック側のミスです。今では、多くの医療施設で医療レーザー脱毛が行われています。だから、ムダ毛が残ってしまった場所にもう一度照射してもらえるでしょう。

照射したはずの場所にムダ毛があることに気が付いたら、なるべく早く医療施設に連絡してください。すると、予約を入れてもう一度照射してもらえます。もちろん、どこが漏れたのかを確認したうえでの照射です。ここで気を付けたいのが、なるべく早く連絡して、1日も早く再照射してもらうことです。そうしないと、残った場所以外のムダ毛が伸びてきてしまうので、どこのムダ毛が残っていたのかがわからなくなってしまいます。早く確認すれば、どこが打ち漏れした場所かを判断することも容易にできます。

ただし、必ずしも再照射できるとは限りません。日焼けしたり色素沈着している場所なら照射を避けますので、ムダ毛が残ってしまいます。また、脱毛する範囲外の場所であれば、照射してもらえません。また、まばらに抜けている場所は、実際に照射した場所ですから、再照射はしないでしょう。その部分はムダ毛が抜けにくい場所なので、多少ムダ毛が残ってしまったからです。効果が出にくい場所も体の中にありますので、ムダ毛が残っていれば、必ず再照射してもらえるというわけではないのです。事前に再照射の条件を確認しておいたほうが良いかもしれません。
医療脱毛が安い!効果もあるおすすめクリニックはどこ?【医療脱毛ピーチ】はこちら